セール告知・クーポンなど
お仕立てをご利用のお客様へ  お仕立てに関する大切なお知らせ(4/1~)
ショップ内検索
 詳細検索
 
商品カテゴリ
インスタ
投稿サイト
 

HOME > 作家・商品紹介

作家&商品紹介

当店のおすすめ一押し商品やオリジナルブランド、それを支える作家さんをご紹介します。

宮古上布

宮古上布

宮古上布とは、昭和53年に国の重要無形文化財に指定された沖縄県の宮古島で織られる麻織物のことです。宮古上布の特徴は本麻で通気性が良く、とても丈夫で軽く褪色しにくいこと等があげられます。

原料には、自然の物以外は一切使用せず、糸の制作・織り・染色等の全行程が今も昔と変わらず手作業で行われています。

一反織りあげられるのに大変な手間と時間を要する為、希少価値が高く
着物好きな方ならだれもが一着は欲しいと思う最高級の夏のお着物です。

 

制作工程作家紹介工房一覧宮古上布を探す

琉球びんがた

琉球びんがた

沖縄の伝統的な型染めの染色技法です。

天然の染料を用いて一つ一つ手作業で染め上げていくため、
デザイン・モチーフは同じでも、同じ色のものは無いと言われています。

特徴的な華やかなデザインとは対照的に細かい作業が多く、
天候や気温・湿度によって作業の進捗が大きく左右される事もあり、経験が必要です。

着物や帯だけでなく、暖簾やシャツ・雑貨など様々な製品に取り入れられています。

 

もともとは琉球王朝時代の王族や貴族の衣装でしたが、
琉球王朝の衰退や第二次世界大戦で幾度となく存亡の危機に立たされました。
しかし、びんがたを愛する多くの先人たちによって、その技術と美しさは今日も
守られています。

制作工程作家紹介琉球びんがたを探す

作家紹介:新垣 優花 →作品を見る

新垣優香

→新垣優香さんのブログ

●プロフィール

1985年 那覇市生まれ
2003年 沖縄県立首里高等学校(染織科)卒業
      卒業後、首里染織、玉那覇紅型工房に入る
2006年 沖縄県工芸指導所(紅型コース)卒業後、独立

現在は沖縄を拠点にし、上海のコンテストに出展したり、積極的に制作活動を行う。

 

【受賞歴】
2012年 日展入選
第21回(平成24年度) りゅうぎん紅型デザインコンテスト 大賞(2年連続)
第34回日本新工芸展 上野の森美術館奨励賞 受賞
第64回「沖展」【染織】入選
1st Asian Art Way 2011 in 上海
第20回(平成23年度) りゅうぎん紅型デザインコンテスト 大賞
第62回(平成22年度)「沖展」【染色】 入選
第18回(平成21年度) りゅうぎん紅型デザインコンテスト 奨励賞
第16回(平成19年度) りゅうぎん紅型デザインコンテスト 奨励賞

作家紹介:仲村 由美 →作品を見る

仲村由美

●プロフィール

1978年 浦添市生まれ
2001年 琉球びんがた事業共同組合 後継者育成事業 卒業
     卒業後、金城紅型染工房に入る
2006年 沖縄県工芸指導所 入所 翌年卒業

 

【受賞歴】
第63回(平成23年度)「沖展」【染色】 市長賞
第62回(平成22年度)「沖展」【染色】 奨励賞
第18回(平成21年度) りゅうぎん紅型デザインコンテスト デザイン賞

作家紹介:島袋 りべか →作品を見る

島袋りべか

●プロフィール

1995年  城間びんがた工房に入る
2001年  沖縄県工芸指導所(現在の工芸支援センター)に入学
2002年  独立 “工房 空”を設立

 

紅型の制作活動の傍ら、講師として紅型の普及につとめています。

 

【受賞歴】
第85回(平成23年度)「国展」工芸部奨励賞など過去に国展入選歴

作家紹介:名越 早織 →作品を見る

名越 早織

【受賞歴】
第18回(平成21年度) りゅうぎん紅型デザインコンテスト 大賞

よねざわ新田

よねざわ新田

みちのく米沢は織物のふる里。米沢藩主・上杉鷹山によって絹織物は始められ、
武士の家新田家も代々続く機屋です。
創業明治17年、代名詞とも言える紅花染との出会いは三代目秀次の時、
昭和38年に始まりました。以来、幻の花といわれた紅花にとり憑かれ、
ひたすら自ら納得のいく色を出すために染め続けました。
冬の米沢。紅花染めは、寒さの最も厳しい真冬に染める色が美しいと言われています。
新田家のたゆまざる研究と努力から生まれた織糸は、
たとえようのない百色の色相をただよわせています。

Shineiとコラボしてオリジナルブランド「千舞」「紅千舞」など手がけて頂いています。

よねざわ新田の商品を探す株式会社新田

作家紹介:新田源太郎

5代目新田源太郎

●プロフィール

昭和55年機屋5代目として米沢市に生まれる。

小さい頃から工場を遊び場にし、学生時代は夏休みなどに染場に入り手伝いを行う。
大学卒業後は京都の老舗織元で修行を積み、着物や織の基礎を学ぶ。

平成17年に新田に入社後、新田の代名詞でもある紅花染を手掛ける一方、

原点である袴作りに取り組んでいる。

◆平成20年度全国伝統的工芸品公募展入選

◆平成21年度第56回日本伝統工芸展入選

◆平成22年度第57回日本伝統工芸展入選

◆平成23年度第58回日本伝統工芸展日本工芸会新人賞受賞。
◆平成24年度第59回日本伝統工芸展入選

やまだ織

やまだ織

やまだ織の創業は、大正二年(1913年)。

現在では産地生産の半数以上を担い、伝統を守り続けています。

一般に『塩沢』とよばれる織物には、
『越後上布』『平塩沢』『塩沢紬』『本塩沢』『夏塩沢』

と多種にわたり、いずれの織物も決して華やかではありませんが、

流行や年齢を選ばず、着る人の個性を引き出し、さり気なく寄り添う。

塩沢織物には、そんな優しさが織り込まれています。


やまだ織の商品を探すやまだ織株式会社

季織苑工房

季織苑工房

季織苑工房は山形県米沢市で明治28年から米沢織と歩み続けてきている、
粟野商事のオリジナルブランドで、米沢にこだわった紬の魅力を発信しています。
Shineiとコラボでオリジナル商品の開発も手がけて頂いております。

米沢織の特徴は、天然染料で表現される上品で優しい色使い。
自然の物を自然の物で染め上げ、そして織り上げていくからこそ
生まれる米沢織独特の雰囲気は200年来続く伝統と技と心の結集です。

 

季織苑工房(粟野商事株式会社)

小千谷ちぢみ

小千谷ちぢみ

小千谷縮(おぢやちぢみ)は、新潟県小千谷市周辺を生産地とする麻織物。
もともと麻織物の歴史は古くから文献などで見る事ができますが、
今日の小千谷ちぢみのもととなったのは17世紀中ごろ。
小千谷縮は縦糸と緯糸を一本一本ていねいに織り上げていくので、
生地の仕上がりもしなやかで優しく柔らかな肌ざわりが特徴です。


小千谷ちぢみを探す

久米島紬

久米島紬

久米島紬は沖縄の久米島を発祥とする絹織物です。

素朴で渋い色のものが多いですが、
もともとあった鮮やかな色目のものも現代に蘇っています。

16世紀ごろより琉球王朝や薩摩藩への貢納布として生産されていましたが、
明治30年代には貢納布制度は廃止され紬は島の産業として最盛期をむかえる事になります。

第一次・第二次大戦によって生産は落ち込みましたが、
戦後まもなく養蚕を始めるなど徐々に復興を遂げ、
1975年に伝統工芸品として指定されました。

現在では一部工程の外注もあるようですが、
基本的には一貫手作りで生産されているのは昔と変わず、
今もその技術は脈々と受け継がれています。
久米島紬を探す

博多織

博多織

福岡県の代表的な工芸品である博多織。
厚みと張りのある生地が特徴で、締める際に絹鳴りが生じます。
帯としての締め心地も定評があり、江戸時代には幕府へ献上されたことから、
特に最上のものを献上博多などとも呼ばれます。


現在ではコンピューターでの製図・機械での製織がほとんどですが、
高い品質を維持するためには、 今も昔も作り手の豊かな感性と繊細な神経が
求められる仕事であることに変わりはありません。

 

 

博多織の帯を探す黒木織物さんオリジナルブランド「博多織人」黒木織物

 

掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2006-2017 Shinei Co.,Ltd. All Rights Reserved.